医療費の助成

福祉医療制度

福祉医療制度として、下表の各医療については、公費負担制度があります。
次の各要件に該当する人は、医療費の一部が助成されますので、保険年金課で受給資格証の交付申請をしてください。
※重度心身障がい老人等医療に受給資格証はありません。
※医療保険法(国保や社会保険など)の被保険者または被扶養者であることが必要です。
※対象となる方が、上牧町に居住していること。

乳幼児等医療

対象となる方

0歳から中学校3年生までの児童

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 振込先口座番号ほか

心身障がい者医療

対象となる方

満1歳以上で身体障がい者手帳の交付を受け、その程度が1級または2級である方、療育手帳の交付を受け、その程度がA1・A2である方(後期高齢者医療被保険者を除く)

申請に必要なもの
  • 保険証
  • 身体障がい者手帳または療育手帳
  • 印鑑
  • 振込先口座番号ほか

ひとり親家庭等医療

対象となる方
  • 18歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子(男子)およびその児童
  • 父母のない18歳未満の児童およびその児童を現に療育している配偶者のない女子(男子)

※配偶者があっても、配偶者が重度の障がい者で労働能力がないときなどは該当します。
(後期高齢者医療被保険者を除く)
※18歳未満の児童とは、18歳に達する以降の最初の3月31日までの間にある児童をいいます。

申請に必要なもの
  • 保険証
  • 印鑑
  • 振込先口座番号ほか

重度心身障がい老人等医療

対象となる方
  • 身体障がい者手帳1・2級または療育手帳A1・A2をお持ちの方で、後期高齢者医療保険の該当者
  • 満75歳以上の方でひとり親家庭等医療の該当者
申請に必要なもの
  • 保険証
  • 身体障がい者手帳または療育手帳
  • 印鑑
  • 振込先口座番号ほか

未熟児養育医療

未熟児養育医療とは、出生体重が2,000g以下、または身体の発育が未熟なままで生まれ、医師が入院を認めた乳児に対して、指定された医療機関で治療を受けたときに、医療費を町が負担する制度です。

対象となる方
  •  満1歳未満で指定医療機関に入院し、医師が入院療養を必要と認めた児
     (世帯の所得によって入院費の一部は自己負担となります)
  • 申請に必要なもの
    • 養育医療給付申請書
    • 養育医療意見書
    • 世帯調書
    • 所得税額証明書
    • 対象となる児の保険証
    • 養育医療給付申請書に捺印した印鑑
    • ※手続きには個人番号が必要です。対象となる児・申請者(扶養義務者)・同一世帯家族全員の個人カード
       個人カードを持っていない場合、通知カード及び身元確認書類(運転免許証・パスポート等)